トップ≫ 家作りの流れ

家作りの流れ

鹿児島県いちき串木野市の有村工務店は、その家に住む方のことを真剣に考え、注文住宅にこだわるうそのつけない正直な工務店です。

有村工務店には、○○住宅・○○な家はないですが、お客様のご要望をかなえる『あなたの家』をつくることには自信があります。
最初の相談からからアフターサービスまで、有村工務店が全力でサポートさせていただきます。 

1.情報を集める

チラシやホームページ、展示会などで家作りの情報を集めます。
有村工務店ではご希望の方に内報誌『大黒柱』を無料で送らせていただいております。

2.問い合わせ

気になるところや質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問合せ先が、有村工務店だったら嬉しいです。

3.ご相談

お客様のご都合のいい日にお伺いさせていただきます。
お客様の家へのご要望や生活スタイルなどお聞かせください。
ご相談は無料です。

4.土地探し・敷地調査

通勤先までの所要時間、日当たりなどなど家を建てる土地について探しましょう。調べましょう。
土地探しもお手伝いしますので、お気軽に声かけてください。

6.仮審査申し込み

金融機関で、融資の手続きを行います。
お子様の成長などライフスタイルにあわせて必要なお金は発生してきます。
無理のない返済計画を立てるために時間をかけて資金計画はたてます。

7.最終プラン・最終見積もり

資金計画~着工期間について、当社は、この期間に一番時間を掛けています。

最低でも3カ月・・・長い方では2年かかっていっしょに満足いくまで打ち合わせを重ねたこともあります。

お客さまにとって、家を建てるということは、人生において一番の買いものだと思っています。ですので、無理のない資金計画と後悔のない設計(最低3回は設計変更)に時間を費やします。

有村工務店では、お客様のご要望を聞きながら、長年の経験を生かし、あとでああすればよかった、こうすればよかった、ということが無いようにアドバイスさせていただいております。

5.仮プラン・仮見積り提出

最終プランと最終見積もりに問題が無ければ、金融機関で融資の手続きをします。

9.確認申請提出

役所に必要書類を提出します。
建築確認を申請します。

10.ご契約

有村工務店の家づくりをご理解いただき、プランと金額にご納得いただけましたら、設計契約を締結していただきます。

11.着工前確認

実際に着工する前に、すべての作業をご確認いただいてから作業に入ります。

12.地盤調査

地盤に問題ないか、しっかり調査します。

13.地鎮祭

地鎮祭は、大安吉日など選ばれた日に行うようにしております。
また、当社は、手刻みの切込みで行うため、骨組みである木材は、当社倉庫にすべて運ばれてきます。
その際、お客様をお招きして木材に願を掛けていただきます。

14.着工

有村工務店の家作りは、その家に住む方のことを真剣に考える家作りに熟練した大工『棟梁』が担当します。

よくある工務店やハウスメーカー主体の家作りと違い、関連会社さんや、職人さんの協力を得ながら、家作りに習熟した棟梁が現場をきっちり管理していますのでご安心ください。

工務店やハウスメーカー主体の家作り 有村工務店の家作り

また有村工務店では、プレカット工法を使用せず、手作業での切り込みを行います。
また、仕上がり時には見えなくなるところほど、入念に施工するよう心がけています。
ですので、3か月~4か月の工期を頂いております。

15.配筋検査

配筋検査とは、鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査のことです。
第三者機関による厳しいチェックを行います。

16.上棟

最近では上棟式を行わない方も増えてきておりますが、当社では規模は小さくても開催していただけるようお願いしております。
やはり家づくりは、一生に一度のことです。
10万~25万程度の予算は掛かりますが、一度しかないお祝い事だと考えています。

17.中間検査

中間検査とは、建物が建った後では隠れて見えなくなってしまう部分を、工事の施工中に検査することをいいます。
第三者機関による厳しいチェックを行います。

18.完成

ついに我が家の完成です!

お客様の夢や要望をかたちにした『あなたの家』が形になって現れた悦びの瞬間です。

19.完了検査

建物の完成後に義務づけられた検査です。
第三者機関、役所の厳しい最終検査を受けた後、お客様と最終立合い検査をおこないます。

20.お引渡し

清算終了と一緒に、家の鍵と保証書をお渡しいたします。また、設備の使用方法についてもご説明いたします。

21.ご入居

夢のマイホームへの引越しです。
5月・9月(地域によっては11月)は引越しをするなという仕来たりがあります。これも、お客様のご親族の方の意見も聞いていただき決めさせていただいております。

22.末永いお付き合いを

有村工務店は棟梁のいる工務店として、10年後、20年後には、宮大工のように希少な人材がいる工務店を目指しております。

本物の大工や棟梁というのは、その家への愛着がものすごく強いのです。
そういう大工が、10年後、20年後もお客様の家をメンテナンスさせていただきます。

台風の後などは、お客様の家を確認する棟梁たちの姿がみえるのも、有村工務店の恒例の風景だったりもします。

有村工務店の建てた家には、何十年でも長く快適に暮らしてもらいたい。

これは有村工務店が家作りに関わる中で一番の願いです。