トップ有村工務店の告白 ≫ 若手職人の育成を大事に、本当の大工がお客様の家を見守り続けます

若手職人の育成を大事に、本当の大工がお客様の家を見守り続けます

最近は、家づくりよりも利益重視の家売りが増えています。そのために、本当の大工職人が激減しています。
世間一般的な大工はたくさんいるのですが、昔からの伝統・技術を兼ね揃えた職人は、一握りです。

その背景に、コストダウン・工期短縮の為にプレカット加工を行ったり、和室造作の激減、大工職人が下請け業者になっているという現状があります。

大工職人の匠の技は、隠れてしまうところに多く発揮され、作業に時間がかかります。
しかしながら、下請け業者となった大工は、限られた予算の中で作業するので簡単なやり方でしか出来ないのです。

有村工務店では、若手職人の育成にも力を入れています。大工の技をきちんと引き継ぐ本当の大工、棟梁を育てています。

大工職人が本物かどうかは道具(ノミ・カンナ等の刃物)を見れば分かります。
現場では、ぜひ職人の技と道具をみてください。
有村工務店の家作りの現場では、昔ながらの大工道具と、本物の大工の姿を見ていただけると思います。

家作りは立てて終わりではありません。
建てている最中も建てたあとも、その家に愛着を持った本当の大工が、お客様の家を見守り続けます。
いまは遠回りにも見える若手育成ですが、そのためにも必要なことだと思い取り組んでおります。

有村工務店の棟梁たち